<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
ナルト- 3rd STAGE 2005 巻ノ七(その◆
第百十話「結成!鉄壁のフォーメーション」 第百十一話「接触〜音四人衆の実力」

昨日の続きを見ました。
大蛇丸に誘われちゃった♪サス坊を追うために編成されたのは中忍初任務となるシカマルを隊長とする下忍編成の小隊。
ナルト、チョウジ、キバ、そしてネジ♪わーい、ネジだネジだv
ここからの見所はシカマル小隊の華麗なチームワーク。
この辺の個性を生かした役割分担は見ていて凄く楽しかったです。

続きを読む >>
NARUTO | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
ナルト- 3rd STAGE 2005 巻ノ七(その 
NARUTO -ナルト- 3rd STAGE 2005 巻ノ七
NARUTO -ナルト- 3rd STAGE 2005 巻ノ七
テレビのアニナルはどうしても見逃しがちなので、もっぱらDVD鑑賞で追っかけ見をしています。そして、いよいよサス坊、里抜けの回となってしまいました。
ナルトに対するライバル意識、劣等感が爆発しちゃって、サスケ、かなり痛いです・・・
オリジナルの話がところどころで入るのはWJ本編に追いつかないための策だとしても、正直どうでもいいって気持ちになっちゃうのですが、前回の巻ノ六の最後では、イダテ話でのナルト大活躍を目の当たりにしたサスケの浮かない顔が伏線となっていました。
ナルトに対する嫉妬、焦りを経て、里抜けまでの流れとしてはコミックスより説得力はあったかな?




続きを読む >>
NARUTO | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
NARUTO巻ノ28
NARUTO 巻ノ28 (28)
NARUTO 巻ノ28 (28)
岸本 斉史
この巻より第二部スタート。
二年後のナルトやサクラちゃんの成長ぶりにも期待・・・ですが?
本編の前に第五回人気投票の結果が載ってました。

いやぁ〜サスケくん、さすがさすが、貫禄の一位ですね。
(って初めてだよね?)やったっ!
WJで結果報告は知っていたのだけれど、改めて見ると顔がにやけます。
嬉しさ倍増ですな。第二部はしばらく坊ちゃん不在が続くだろうし。

ナルトとサクラちゃんはそんなに・・・変わっていなくってホッ!
サクラちゃん、すっかりショートボブが定着かな。
ナルトのコスチューム。
基本のオレンジに黒がプラスされているところがっちょっぴり大人♪
WJの立読みだとこういう細かい部分がチェックできないから、やっぱりコミックは楽しい。アニメならもっと楽しい。
次にアニナルでサスケくんを見るときは、大人になってるんだろな。
コスチュームが大蛇丸色に染まっていないことを祈ります・・・

続きを読む >>
NARUTO | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
NARUTO -ナルト-
NARUTO -ナルト- 2nd STAGE 2004 巻ノ十明け方に帰ってくる旦那さんが、朝方寝る前に何やかやと映画やアニメを見ているので、時間があると一緒に見たりしています。昨日はナルトを見ました。
私はたまにしか見ないので主要なあらすじはよく知らないんですが、登場人物の中で我愛羅(ガアラ、と一応フリガナふっておきます)が前から気になっていたんですよね。
で、ふと見れば我愛羅がとんでもない化け物になってナルトと戦ってるじゃないですか・・思わず、旦那に巻き戻し命令してしまいました。

アニメって普段あまり見ない代わりに、一度気に入っちゃうと、とことんハマルというやっかいな話がたまにあります。コナンは続けてみなくてもある程度主要な話を抑えておけば、後は単発物も楽しめたりするんで、そういう意味では一番楽な見方ができるかな。
ナルトはややこしい専門用語(チャクラとか九尾とか・・)や彼らを取り巻く世界観を多少は把握していないと楽しめないのかもしれない。
そうするには結局ハマルしかないわけで・・・
以前、「るろうに剣心」にハマリすぎたことがあり、かなり睡眠不足な日々を送ったのですが、精神的にダメージを食いすぎてあまり健康的な見方ではなかったです。

この我愛羅もそうなのですが、主役じゃない脇役に心惹かれてしまう傾向ってよくありがちで、それって結構辛かったりしますね。しょっちゅう出てきてくれるわけでもないし。
挙句の果てにとんでもない結末迎えちゃったりと、結構神経に障ります。
そういったキャラクター志向、話の内容以上にある特定の登場人物に一目ぼれしちゃう、という傾向は、私の場合アニメ以外でもドラマや映画、小説でもしょっちゅうあるんで、そんな出会いがあると余計に印象に残りやすいような気がします。

しかし、我愛羅は切なかったです。このDVDではまだナルトとの決着は付いていないのですが、かなり二人とも傷ついていて。12月に「巻ノ十二」が出るみたいですね。
レンタルはもうちょっと先かな・・

NARUTO | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

+ BlogPeople


+ Mybloglist (kinki)


+ 本好きPeople

+ ガンダムSEED DESTINY