<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Matthew's Best Hit TV | main | 1/2の神話 >>
久しぶりに新選組を見た!
しかも、再放送ですが。毎週欠かさず見ている唯一のドラマなんですが先週は確かすごく早く寝た(7時くらいだった)ので見逃していたのです。
いよいよ伊藤甲子太郎がその一派を率いて新撰組から離脱、それも結構愚かな策を弄してしまい人としての器の小ささを露呈してしまうというお話。

甲子太郎のうさんくささはミエミエでどんな建前を振りかざそうとも裏切り行為には間違いなく、あとあと必ず敵となる相手だからという土方の意見をあっさりと抑えて甲子太郎の言葉にあえて言いくるめられた近藤さんの表情は今までで一番厳しく、凄みがあるように思えました。
これ以上の犠牲者、血を流さないための最善の策だと言い切れるまでには山南さんや河合さんなどの数々の犠牲があり、それがあったからこその決断だったのかなぁと。彼らにもっともっと時間があればなぁと思うばかりです。

見終わったあと、坂本竜馬のこぼれ話を聞きながら何となく頭の中でSMAPの「ダイナマイト」がじゃんじゃんと鳴り出して何でかな?ってふと思ったんですけれど、それは当然のことで慎吾ちゃんがSMAPだからなんですよね。
そんな当たり前のことにすぐ気づかないくらいにこのドラマでは「慎吾ちゃん」ではなくって「近藤さん」としか見えない、思えない、最近とみにそんな気がします。
新撰組を見ている最中っていうのはその俳優さんたちの普段のポジションだとかその人本人から伺えられるタレントとしての姿をどこかですっぽりと忘れてしまっているようです。

ぐっさんなんかもそういう感じなのですが、以前ドンドコドンの相方さんが登場したとき「えっ?何で?よりによってこの人が?」って不思議に思っていたんですよ。
けれどそれはぐっさんの相方なのだから当然といえば当然の話なのに二人がまるで結びつかない。新撰組のドラマの中では完全にぐっさんじゃなくって永倉新八でしかあり得なくなっちゃってます。
そんな風に思えるドラマって今までないなぁと思う。(あぁ!リモートの氷室もそうでした!)だからこの大河が終わったあと俳優さんがそれぞれ違うドラマに出たりするのを見たい反面見たくない気もするなぁ。
山本耕史くんなんて土方としてのあの姿、あの髪型、あの表情以外考えられないし。
いつまでもだんだら羽織を着ていて欲しいよ〜

ひとつ例外としては山本太郎さん。この方は私の大好きな銀ちゃんシリーズに出演されているんですが、他のどの作品を見ても山本太郎そのものなんですよね。
それはすごく安心できる嬉しいことなのです。車のCMでおまさちゃんと共演しているのを見ると、左之助たちがタイムトリップしてきたみたいでこれもまた嬉しかったり。
ドラマ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pinacolada.jugem.jp/trackback/106
この記事に対するトラックバック

+ BlogPeople


+ Mybloglist (kinki)


+ 本好きPeople

+ ガンダムSEED DESTINY