<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< テレ雑誌見ながら初聞き | main | スピードワゴンLIVE集 >>
PHASE-35 「混沌の先に」
イヒv
ついに種Dのカテゴリーを作ってしまいました。
ネット落ちしていたときに、一番お世話になったDVDがSEEDだったんですが、、リピートも数を重ねるごとにますますアスランにはまってしまいました(笑)
そんな訳で先日録画していたSEED DESTINYの感想を・・・





【第35話「混沌の先に」】
一応ガンダムエースで六月分の大まかなあらすじは入手してあるんですが、六月はアスランにようやく動きが見られるということで、毎週録画がかかせません。
ザラさんったら、ようやくへたれキャラぶりが板についてきた感もあり、ますます愛すべきキャラクターに成長してくれていますが、今後どんな風に名誉挽回してくれるんだろ?楽しみ楽しみ・・・

<シン、レイvsアスラン>
前回のインパルスの戦闘シーン、かなりの見ごたえがあったので、パイロットとしてのシンを見直してしまったせいか、以前ならムカついていたシンの捨てゼリフも「うーん一理あるなぁ」と思ってしまいました。
色んな思惑はあるものの、シンは確かに軍の命令に従ってフリーダムを討ったのが事実な訳で。
レイに一喝されてしまったアスランの個人的感情は確かにザフトの軍人さんにあるまじき、ただの感傷にすぎなくって。
でも、それを言うならシンのステラに対する感情も全く一緒な訳で、しかしそれを責めることなく手助けしているレイはやっぱり黒決定かな?

DESTINYは主人公シンの成長がポイントだって思っていたけれど、シン以上に発展途上人間がしっかり幅を占めているせいか、どうしてもアスランに目がいっちゃうのです。
でも、これが本来のアスランというか、さんざん迷った結果、大胆な行動を起こすというザラ路線への伏線なんでしょう。
アスラン批判が高まれば高まるほどアスラン援護的な妄想が広がっていくばかりだ・・・
しかーし、色んなことに迷うもののキラさんに関しては断じて迷いがないアスランです。セイバーあんなにガタガタにやられちゃっても恨みつらみもないし。


<だっだっ脱走??>
来週はいよいよですが、どんな経緯で脱走するのか?脱走したあとどこに行くのか?個人的にはすぐにAAに行くのはちょっと?って感じです。
ザフトのFAITHっていうその権限はまだ有効に使われていないですよね。
やはりアスランにはプラントを内から動かす、議長の言葉に陶酔しちゃっているあのムードを打破するほどの動きを見せてほしいです。
でも、そんなことできたら、それってアスランっぽくないか?
まあ、その役割はラクスなんでしょうね。

<デュランダル&レイ>
で、とうとう悪キャラ決定的なギル議長とレイさんですが、レイのシンに対する感情がすごい気になるなぁ。レイってば本当に表情が読めないヤツですね。この辺の真相が今後の展開に大きく影響してくると思うんですが、できればレイがシンを裏切るようなことにはなって欲しくないです。
しかーし、この二人のバックには亡きクルーゼの怨念らしきものが漂っているし・・・
ギルからの直接呼出しに名前が挙がらなかったレイですが、新しい機体を差し出して最後の仕上げにかかる、この辺も既にレイの知るところなのでしょうか?
一度は嫉妬にかられるレイも見てみたいものです。

<まったりAAの医務室にて>
そして、仮面を剥がれたなんちゃらフラガさん♪
見ているこっちはすっかりAAクルーだと錯覚してしまいました。ちょっと馴染みすぎですね。子安さんの声はやっぱしフラガの顔に限ると思いますv

最後に・・・
いよいよジュール隊も出番ですか?
議長の思惑を最後にひっくり返すのが旧クルーゼ隊三人であってほしいよ〜



SEED DESTINY | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pinacolada.jugem.jp/trackback/158
この記事に対するトラックバック

+ BlogPeople


+ Mybloglist (kinki)


+ 本好きPeople

+ ガンダムSEED DESTINY