<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< NARUTO巻ノ28 | main | 堂本兄弟 北陽 >>
PHASE-36 『アスラン脱走』
アスラン、脱走!です♪
脱走って響きはどこかしらお間抜けな響きに聞こえるんですが、かなりかっちょいい脱走で、よござんした。
自分の意思というよりは、むしろ議長に追い込まれた結果の末、やむ無くって感じです。
つーか、逃げるアスランってかなり好きなポジションかもしれない・・・

新機体、デスティニーとレジェンドを前にして舞い上がっているお茶目なシンをよそに、アスランは不信感を全開させる訳ですが、そんなアスランの変化を素早く悟り、そのあとしっかりレイと打ち合わせしちゃっている議長はやはり切れ者。恐ろしいです。

「だめかな?アスランは」

話し言葉が優しいだけけれど、そのあとに続く言葉。

「罪状はある、あとはまかせる」

それって、殺しちゃっていいですよ!ってことなんでしょうか?

憤っているアスランを冷静にだだめすかしている間にも、頭の中ではちゃっかり電卓をたたいていた感もある議長。
この計算高さからすると、戦士として常に迷いがある、徹しきれないアスランの性格は最初からお見通しで、いざとなったら切り捨てるつもりだったのかも。
最近になって、とうとう開き直ったというか、やけに「力」って言葉を強調し始めましたし、迷えるアスランの性格を逆手にとっていざとなったら反逆者扱いする算段だったのなら・・・あぁ、恐ろしい。


今回、一番印象的だったのはミーアでしょうか。
「まずいの、やーばいの」って話し口調はてんでラクスに程遠くって、その空っぽさ加減が逆に彼女の純粋さを表しているようで悲しかったです。
あぁ、なんて愚かなんだろ・・・でも、そんな彼女だからこそ整形までしてラクスになりすますことができたんだろね。
その先にある自分の結末に気づくはずもなくって、それが凄く悲しい。
大好きなアスラン(きっとミーアは役割を通り越してアスランが好きなんでしょね)に手を差し伸べられても、それを拒絶してまで守りたいのが今の自分なのか。
それが間違っていたとしても揺ぎ無いミーアの信念であるから、なおつらい・・・

「さすが、議長は頭がいいな、オレのこともよく判っている」

ミーアから議長とレイの一連の会話を聞いたアスラン。
ひさびさに冴えてますな。うん、よくぞ見破ったって感じ。
自分は利用されただけだと悟ってもシンのように逆ギレすることなく、ちゃんとミーアのことまで考えてあげているアスランはやっぱり大人です。
優しくミーアに手を差し伸べるアスランはナイトだな。
「インフィニットジャスティス」なんて舌かみそうな名前より最初の「ナイトジャスティス」のほうがアスランにはしっくりくるな。
(名前はダサイですが・・・)

「議長は自分の認めた役割を果たすモノにしか用はない。彼に都合のいいラクス、そしてモビルスーツパイロットとしてのオレ!」

今回、この「オレ!」って言い方かなりツボでした。
何回聞きなおしたことか?かっちょえー!!
お互いに自分の進む道へと手を差し伸べようとするアスランとミーアがなんとなく似合いに思えてちょっと切ない。強引にもミーアを連れて行ってやって欲しかった。
そう思うのはなんとなくミーアの結末が予想されるからなのですが・・・

議長が語るキラ=力と役割に気づいていない不幸な人間・・
そういってキラを批判されることで、アスラン自身も議長にその力と役割を利用されているだけにすぎないってことにようやく気づくという。
やっぱり、キラなんですか?
キラをバカにするヤツは許せんってところですか?
ん?まてよ、それってオレも一緒じゃん?・・・って感じなのでしょうか?

恐ろしいといえば、レイくんですね。
激しい雨の中、しっかりドライバーメイリンの姿をとらえて先読みし、待ちぶせです。
仮にも仲間であるメイリンすら躊躇することなく銃で攻撃します。
しかし、射撃の腕はアスランが一枚上手だったようで、銃を撃ち飛ばされて後退していくレイが少しガニマタはいっていたのが可笑しかったな。

メイリンは髪型おろすとまた雰囲気がかわりましたね。かなり可愛かった。
タオル一枚姿のメイリンにバスロープをかけてあげるアスランもナイトっぽくってGOOD!とうとう二人揃って脱走犯になっちゃいましたが、以前のかっちょええアスランが戻ってきてくれましたから。
しっかし、アスランってばカガリのことすっかり頭から抜けちゃってますな。無事、AAにたどり着けたとしても(おそらく難しいでしょうが)カガリとの再会にひと悶着ありそう。

で、今週すっかり蚊帳の外だったシンですが、これが本来のシンなのかな?
多少我が強いけれど、悪い子じゃないんですよね。シンって。
なんだかんだいって、アスランを討つのはきっとためらう気がする。
ただ、力的にグフVS新二機体だと圧倒的にアスラン不利です。
アスランもまたMIAになっちゃうのかな?
それによって、今度こそシンに迷い、ためらいが生まれてくれればいいのですが。


SEED DESTINY | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pinacolada.jugem.jp/trackback/162
この記事に対するトラックバック

+ BlogPeople


+ Mybloglist (kinki)


+ 本好きPeople

+ ガンダムSEED DESTINY