<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< PHASE42「自由と正義と」  | main | NARUTO巻ノ29 >>
ブリジット・ジョーンズの日記
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

続編見ました。
内容が前作と比べて多少見劣りはするものの、続編だけに仕方がないかな。
ブリジットの些細な嫉妬や誤解のみで突っ走る内容だけに、ドキドキの展開は望めないものの、こちらの目的はあくまでもコリン様。
コリンのセリフや表情を堪能するにはやっぱりBJが一番なのです。
久々のコリンはやっぱブルーのシャツがよく似合う。
(って前の感想でも書いたかもしれない)
マークの紳士っぷりを見るにつけ、とことん冷静、クール、紳士で王子なキャラが好きな自分を改めて思い知る。

嫉妬にかられたブリジットが家に押しかけ、弁護士会とはちあわせになった時の冷静っぷりがツボでした。
「ワインでも」と言いながら彼が不満を表すのはブリジットの浅はかな行動ではなく、彼女が友達にそそのかされたことのみ。ブリジットが回りに流されやすいってことには厳しいマークでした。パーティー会場にて化粧に失敗して登場したブリジットに対しても優しさを見せてくれます。

「化粧室に行くんだな」
その凄い化粧に自分では気付かないブリジットは「家で済ませたわ」と澄まして言い張るのですが、「僕を信じて♪」
と決して慌てず騒がず穏便に事を進めます。このあたりのスマートぶりも最高。

名誉挽回とばかりに会話で張りきるブリジットですが全て空回りです。
人の名前を聴き間違えるところも相変わらずで、政治がらみの話になるとブリジットは彼女なりの持論があるのでしょう。
あとさき考えずに思ったことを言っちゃいますね。
本当にこの周りの空気を読めなさ加減は天然を通り越して、かなり迷惑でしょうね。
そんなこんなでしょげるブリジットはマークに「強烈な印象を残した」と言われてしまいますが、こういう言い方も優しさだよな。

コリン扮するマークは前回と同じくクールでスマートな奴でした。
逆に言い換えると傲慢だとか、相手を見下している、ととられてしまう(byブリジット)ところも変わっておりません。が、前回よりも出番も増え、本当に完璧、非の打ち所のない男っぷりが溢れております。どんな非常時においても驚いたりせず、相手を責める言葉を発しないところが好きだな。

「君が太めでもヒステリーでも大切にするよ、無条件で」
なんて言われても、嫉妬にかられるおバカなブリジットは健在でしたね。
まあ、そうでないと話は進まないので仕方がないか。
レニー・ゼルヴィガーの増量っぷりも凄かったですね。
前作より体重増やしているでしょうね。個人的にレニーの容姿が好きなので、前作ぐらいの太り方のほうが好ましかったです。

BJのもうひとつの見どころはコリンとビュー・グラント、オジン二人のよたよたなケンカでしょう。お互いに相手を蹴りあうにも足が上がっていないから届かないし、パンチもスカスカだし、この情けないケンカを見るための映画でもあるなぁ。
このケンカシーンは解説付きの特典にもなっているので、素の二人のケンカに対する意気込みなども見られます。
コリン、ヒュー、素のお二人さんのインタビュー時でも相手のことをぼろかすに言っているのが面白かったです。

コリンがヒューを持ち上げて川にドボンするときにはヒューは痛いだの、アザが出来たと文句ばかりだったそうな。
「まるでお婆ちゃんと相撲をとっているよう」とのコリンの弁に対してビューグラントも負けじと攻めます。
「コリンは二重あごで首に筋がある」だの「休憩時間が長い」だの言いたい放題だし、この二人の表情を見ているとどこまで本気で言ってるのか判らない程で、面白いインタビューでした。
この真面目さがイギリス人独特のユーモアなのかな?
映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pinacolada.jugem.jp/trackback/182
この記事に対するトラックバック

+ BlogPeople


+ Mybloglist (kinki)


+ 本好きPeople

+ ガンダムSEED DESTINY