<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< アフターダーク | main | 今日の試合は? >>
THE CALLING
カミーノ・パルメーロこの夏に大阪にてThe Callingのライブに行きました。
クアトロは初めてだったのですが思っていたより広くて綺麗で非日常感の溢れる場所でした。
私の想像する「ライブハウス」っていうのはもう一昔前の、古くさーいせせこましいイメージでしたので、お洒落なバーっぽくってちょっと嬉しかったです。
何せ今時の(こんな言い方自体がもうおばさんなのですな・・)クラブとか全然知らないんで、久々に夜の混沌とした灰色の雰囲気を味わえたのかなぁとちょっと感慨にふけってしまう。
一時間ちょっとの短いライブでしたのであっという間の出来事で、思い返すと夢を見た後のように薄い記憶が辛うじて頭に乗っかっています。
(年々、ものすごくインパクトのある事が直ぐに消えていこうとするのはなんでだろう・・)
ボーカルのAlexは関ジャニの錦戸くんに似ていてとてもハンサムな男の子でした。
サラサラの金髪にくりっとしたblue eyesは透き通るほどで、会場の大半が女の子ばかりなのも納得です。
ホントにかっこいいなぁ・・・そればっかり連発してました。ミーハー魂炸裂やなぁと旦那さんは呆れ顔。
でもなんといっても好きなのは彼の声。ハニーフェイスな顔からは想像もつかない、太く渋く哀愁感のあるその声はやっぱり素敵で、震えた、泣けた。
6月に発売されたセカンドからの曲が中心でCDを聞いていた限りではファーストの方が好きだったのですが、いざライブで聞いて印象的だったのはセカンドからの曲。
U2やLIFEHOUSEっぽいとのコメントをどこかで拝見して、そういえばそうなのかなぁとも思いましたがどうなんだろう?
Alex の声でU2の雰囲気を味わえるのもそれはそれでいいのでは?と思ったり。
ファーストがどうしても印象深くなってしまうのはそれが好きになったきっかけのモノだけに仕方がないですね。
二人になっての次回のサードが待ち遠しいのですが、某オーストラリアの二人組のように急に解散!なんてならないで欲しいですね。



音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pinacolada.jugem.jp/trackback/81
この記事に対するトラックバック

+ BlogPeople


+ Mybloglist (kinki)


+ 本好きPeople

+ ガンダムSEED DESTINY